リーフィアと歩む緑統一の軌跡

ポケモン全国図鑑「緑」検索のポケモン達と共にポケモンバトルに挑む自称猫の育成記録

あみゅグラ道頓堀に猫が迷い込んだら、こうなった。

こんにちは、ざっそうを愛する猫です。

今回は構築記事ではなく、初めてオフレポなるものを書きたいと思います。拙いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

猫は当日11時に新幹線にて現地入りしたのですが、即知り合いのポケ勢の一人、うなぎパイの御方ことツキナミさんと合流を果たしました。猫一人でニコバー道頓堀まで辿り着ける自信がなかったのです……。

その後、ツキナミさんの背にくっついて行くままニコバー道頓堀まで到着。一年半前、むつーさんのニコバー道頓堀開催の折にはここまで来るまでに何度も迷っていましたが、今回はおかげさまで一切迷うことはありませんでした。

第一部開場30分前にも関わらず、既にたくさんの方々が螺旋階段で列を作っていました。猫達は最後尾に並びながら、ツキナミさんはお馴染みのうなぎパイを、猫は手作り感満載の拙い名刺を配りました。f:id:leafiness:20161114221636j:image……はい、次回はラミネートシールを両面貼ったものを用意します。申し訳ありません。

なお、入場前に主賓の一人であるあみゅさんがニコバーの前にタクシーで登場+螺旋階段を登るという珍事件に遭遇しました。間に合って何よりです。

いざ入場が始まり、中に入った時に主賓の一人であるグラさんから「猫さんですね」と言われたのが本当に本っ当に嬉しかったです。お願いしていたリーフィアのイラストを受け取ったのですが「自信作です」というコメント付きで頂きました。お世辞抜きで可愛いかったです。

その後、奥の座敷に知り合いのポケ勢が集まる流れとなりました。それにしても窓から射し込む陽射しが強くて、葉緑体が欲しいと切に願っていました。

 

いよいよ第1部開始。グラさんは第一声「おばんでーす」で参加者の笑いを取っていました。その後、開場直前に到着したあみゅさんに対して厳しい指摘を入れていました。

「何も考えてなかったので質問書いてください」ということで、参加者は手元に配られた紙に質問を書き、お二人が交互に答えていく流れとなりました。個人的に気になった質問と回答だけ手元のメモ帳に書き込んだので載せておきます。

・グラさん本当に感情ある?→グラ「あります」
・ポケ勢の中でドン引きしたエピソードは?→グラ「ペリカンがアニメの聖地に行く度にテンションを上げること」
・鈴○ーしたのはいつ?→あみゅ「昨日」
・ポケ垢は○すべきだと思いますか?→グラ「天に召されてほしい」
・今日のパ○ツの色は?→グラ「紫っぽい青」「確認してきました」/あみゅ「赤」

その後、あみゅグラでは恒例となっているらしいお二人が自作した10問クイズに挑戦しました。グラパート上位者には孵化余り個体、あみゅパート上位4名にはサンムーンのROM(後で指定住所に郵送)が進呈されるとのこと。ちなみにお二人はこの自作のクイズに対して、

あみゅ「俺2問しかできなかった」

グラ「信者なら全問正解できますよ」

というコメントを残していました。

あみゅパートの問題は、アグノム種族値やラスフェスの選出ポケモン、顔が大きくて特に困った実体験など、あらゆるジャンルに精通したクイズになっていました。

対するグラパートの問題は、総動画数やパート数、動画時間などの数字にまつわる問題や、グラさんが第2部で「一般教養でしょう!?」と言い張っていたロッキーに関連する問題が2問も入っていました。

阿鼻叫喚狂喜乱舞が如く絶叫しながら問題を解き、答え合わせ。猫はあみゅパート3問、グラパート2問という不甲斐ない結果に……次回があればもう少し勉強してきます。

なお、あみゅパートの上位者が5名出たためジャンケンが行われ、結果知り合いのポケ勢ことディッシュさんが負けていました……ドンマイです。

 

グラ「おばんでーす」→サントス「こらっ」

あみ「おばんでーす」→サントス「こらこらこらこら」

という流れで始まった第2部。猫は再度座敷に座ることになりました。左隣から順に、ちろ瑠さん・れいらんさん・ろーどさん・サミダレさん・りゅうさん・グッピーさん・サントスさん・わっきぃさん・テル坊さん・ツキナミさんだったような……カルーアミルクの飲み過ぎで記憶が怪しいです。抜けていた場合は本当に申し訳ないです。すぐに指摘してください。

とにかく何が凄いって、このテーブル有名実況者が多すぎます……緊張しました……。特に真向かいにお座りになっていたサミダレさんとお話しさせていただいた時には、それはもう感動と緊張のピークで死にそうでした。

その際にサミダレさんにサインをいただいたのですが「サミダレさんのサインって顔文字あるんですね」というサントスさんの発言から、わっきぃさんとサインを比べてみることに。f:id:leafiness:20161114232313j:image(左側がサミダレさんのサイン、右側がわっきぃさんのサイン、色紙を持っていらっしゃるのはサントスさんという豪華な顔ぶれなのに一切伝わらない)……サミダレさんは後々格好いいサイン案を募集するのではないかと思います。

その後、サントスさんからバトレボ時代に「スカーフマンダで羽休め」や「光の粉ウィンディが後攻身代わりを張る」などのような地雷ポケモンをお使いになっていたという話を聞いて驚きました。

当然これは「あみゅグラ」なので、あみゅさんやグラさんは時間を定めてテーブルを交換しながら参加者の方々と交流していました。実況者テーブルにもグラさんやあみゅさんがお見えになって、話を聞いたり話を振ったりしました。その時、ちろ瑠さんの年齢を聞いてテーブルにいた全員(あみゅさん含む)が驚愕しました……。

f:id:leafiness:20161114235154j:imageお二人がテーブルにお見えになった時、猫は差し入れとして自作のイラストと名刺を、そしてお二人が全く使う予定のなさそうな†デデンネシュシュ†(ポケモン一番くじの景品)をお渡ししました。お二人の反応は、

あみゅ「あっ……ハイ」

グラ「デデンネ可愛いですね!」

でした。『ポケモンレンジャー バトナージ』の実況で、相棒ポケモンパチリスを何度もピチューと言い間違えるプレイングをしていたグラさんがデデンネを一発で言い当てたことに驚きました(失礼)

 

グラさんの「おはよーす」という予想外の合図から始まっていく第3部。その際「もう疲れ果てているので優しくしてください。あと、嘘でもいいからグラキッズって言ってください」という発言が飛び出してくる始末。

その後「おばんでーす」の声と共にサントスさん(御本人)登場。「いやぁ、あみゅさんもグラさんも来てくださったようで」という言葉に、会場は爆笑と拍手に包まれました。

今回の猫は座敷ではなく、入口から見て座敷寄りの右奥の六人掛けのテーブル席でした。他にはツキナミさん・はるさん・ヒロさん・ちろ瑠さん・とたさんというメンバーです。これに関してはメモ帳に名前を残しておいたので自信があります。

グラさんが再度お見えになった時に「グラさんの動画を見てレートが上がりました! いつも参考にさせてもらっています!」と、本来ならイラストの裏に書こうと思っていたことをきちんとお伝えして御礼を言うことができたので猫は本望です。

また、あみゅさんが再度お見えになった時には、ちろ瑠さんの体重を聞いた全員が驚愕しました……これにはあみゅさんも「今日一驚いた」と仰っていました。あと、その流れであみゅさんと猫が同い年+同じ誕生日月だと初めて知りました。これはとても驚きました。私も社畜の一員として負けてはいられませんね……。

そうこうしている内に第3部も残り5分という時間になり、会場からはグラさんにペリキュアを歌ってほしい、という声が出てきました。(猫はここぞとばかりに叫びましたが)

その勢いでグラさんがペリキュアを熱唱してくださいました。途中で「歌詞が分からない」ということで断念せざるを得ませんでしたが、本当にいい歌でした。ありがとうございました!

 

こうして無事に幕を閉じたあみゅグラ道頓堀でしたが、猫はこの後、知り合いのポケ勢と共に二次会の運びとなりました。それについて書くとさらに長くなりそうなので別の機会にさせていただきます。

改めて、あみゅグラに参加していた方々や、あみゅさん・グラさんのお二人に感謝の気持ちを。ありがとうございました!!

 

 

 

その日、猫は第3部の時にグラさんにお貸ししていたマッキーをそのままにしていたことに気づきませんでした……。

そして、まさかその伏線が意外なところで回収されるとは露ほども思っていませんでした……。

 

 

【フレ戦】対ゲンガー特化型ニャルマー【勝利記念】

こんにちは、ざっそうを愛する猫です。

今回は一旦嫁のリーフィアから話を逸らして、ニャルマーというポケモンについて話をさせていただきます。

f:id:leafiness:20161016163656j:image

2016年7月頃、猫はフレンドさんが主催した「最強トレーナー杯」に参加させていただきました。この大会は、アニメorゲームで登場しているモブ以外のトレーナーのパーティを使用するという特殊なルールの大会です。

猫としてはいつも通り緑統一で参加したかったのですが、当たり前のようにアニメorゲームで緑統一を組んでいるトレーナーはいません。

そこで、嫁であるリーフィアを使用しているアニポケトレーナーに絞って検索した結果、挙がった候補が二人。ポケモンコーディネーターのノゾミと、ポケモンレスキュー隊のバージルです。

そして、どちらのパーティにするか悩んだ際、本編でバージルリーフィアをほぼ使用していないという情報が飛び込んできました。

…………………はぁ?(怒)

そんなわけで、バージルとかいう雑魚トレーナーではなく、リーフィアポケモンコンテストで大活躍させてくれたノゾミのパーティを使うことにしました。そして、その際に出会ったのが、今回の記事のメインとなるニャルマーです。

 

ニャルマーとは、通称第4世代と呼ばれるダイヤモンド・パール(プラチナ)で初登場したポケモンです。Lv38まで上げて進化すれば、ブニャットというブ……失礼、ふくよかな体型の猫になります。

通常特性は麻痺にならない「じゅうなん」と混乱にならない「マイペース」、夢特性は命中が下がらない「するどいめ」です。はい、通常特性の方が優秀です。

そして、問題の個体値がこちら。 

f:id:leafiness:20161016165823j:image

これを見て猫が思ったことは「こいつS85もあるの!? リーフィアの次に速い、だと……!?」でした。ちなみに、他の値は一切見ていませんでした。

勿論、ルチャブルメガヤンマエルフーンなど速い緑ポケモンはいますが、それらのポケモンには†氷タイプが弱点†という宿命があり、他のポケモンと弱点が被ってしまう都合上、使っていないことが多かったのが原因です。(ちなみに2016年7月当時、レート用緑統一パの中で最も速いポケモンのSが100という体たらく)

ここまでSが速いポケモンなら、起点作りか何かに特化させれば活躍させられるのでは……と思って作ったのが、今回猫がご紹介する、対ゲンガー特化型ニャルマーです。

(「ニャルマーというポケモンで無理矢理ゲンガーと相対するなら」という過程で至った型になります。全てのゲンガーに必ず勝てると保証できる型ではありませんので、あらかじめご了承ください)

 

ニャルマー(♀)@襷 NN:ニャルマー

ようき/マイペース A252 S252

猫騙し/催眠術/不意打ち/イカサマ
(他技候補:じゃれつく/甘える/怒りの前歯/はたき落とす/雨乞い/挑発/威張る)

まずは、ニャルマーマボロシ島限定出現だと知らなかった猫に、陽気C抜け5Vという超優秀個体を譲ってくれたフレンドさんに感謝を。

猫騙しによって襷潰しができたり、最速S85の種族値(=最速80族〔バシャマンムーカイリュー〕抜き/準速サザン・最速スイクンと同速)を活かして催眠術による起点作りもできますが、本業はゲンガーを葬り去ることに特化したニャルマーです。

ダメ計によると、ニャルマーのA252イカサマがH252(A個体値31)ゲンガー確定2発。同じく不意打ちも高乱数2発となります。このことを考慮してゲンガーとニャルマーが対面勝負する場合、以下のような展開が考えられます。

 

①ゲンガーが先制攻撃する場合

ニャルマーが襷で耐える→ニャルマーの催眠術が通ってゲンガーが眠る(ラムの実は考慮外)→最速起きしなければイカサマが通る→次のターンでイカサマor不意打ちの択ができる(交換は考慮外)

ニャルマーの不意打ちが通る→ニャルマーが襷で耐える→次のターンでイカサマor不意打ちの択ができる(交換は考慮外)

 

②ゲンガーが先制補助技を打つ場合

⑴催眠術→外れれば爆アドだが、当たった場合最速起きしなければ勝てない。

⑵鬼火・トリック・呪い→襷が潰れるため、そのターンに催眠術が放てなければ次の攻撃を耐えられない(呪いの場合はイカサマを打てれば勝ち)、最悪の場合は不意打ちに賭ける。

⑶身代わり→身代わりを貼ったターンにイカサマを打てなければ勝てない。

⑷守るからの金縛り→最初に打つ技によるがイカサマor不意打ちが縛られると厄介。

⑸滅び・道連れ→ニャルマーと刺し違えてくれれば勝ち。

⑹挑発→催眠術が使えない場合はゴリ押すしかない。

⑺怪しい光→ニャルマーの自覚に賭ける(と書きましたが、ひょっとしてマイペースだから混乱しないのでは……?)

 

一通りの展開予想を見ていただいたところでお分かりかと思いますが、「対ゲンガー特化型」と言っておきながら必ず勝てるわけではなく、むしろ「勝てる可能性が微かにある」レベルです。ここまで見ていただいておいて拍子抜けされた方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ありません。

しかし、ここで一つだけ言わせていただきます。

ニャルマーという超が付くレベルのマイナーなポケモンに対して、ゲンガーを使うトレーナーが動揺せずに指示を出せるでしょうか。

そして、ニャルマーなどというふざけたポケモンが出てきたら、たとえ持ち物が襷だと推測できたとしても一発ぶん殴りたくはなりませんか。

ニャルマーを使う側としては、殴ってくればむしろイカサマと不意打ちの択に持っていけるので有利になり、勝てる可能性が広がります。

マイナーなポケモンで強ポケを倒すというロマンを求める方がいらっしゃれば、ぜひニャルマーを使ってみてはいかがでしょうか?

 

おまけ

f:id:leafiness:20161016182702j:imageフレ戦でたまたま連れて行ったニャルマーがゲンガーを倒した貴重なBVです。タクンで削ったとはいえ、その後メガガルまで倒してくれたため、ニャルマーが相手のポケモンを2匹倒すという偉業を達成しました。

ニャルマーの技が不意打ちではなく、何故か†威張る†だったため、不意打ちを押すべき際に別の技を選択しております)

 

 

 

【緑王杯】 リーフィアは嫁枠()【大会トナメ第3位構築】

皆様初めまして、ざっそうを愛する猫と申します。

XYから本格的に、リーフィアというブイズ不遇枠を嫁として育成し続けている者です。それが高じて、全国図鑑「緑」検索で該当するポケモン達のみ使用する「緑統一」という縛りルールを課してレートに潜り続け、ΩRαSのS17シングルで最高レート1632を達成することができました。(この件については後々記事を書こうと思いますが、需要があるかどうかは知らない)

 

一方で、ΩRαSの締めくくりとして各地でポケモンの大会が開かれている中、ふと思っていました。

「こんなマイナーな統一、ポケモンガチ勢の皆様ならどんなパーティを組むのだろうか」

f:id:leafiness:20161009113831j:image

気がついたら、手元のメモに要項の原案を書きなぐっていました。(そのメモが、上司に毎週提出する書類に挟まれていたことに気づいたのは3週間後であった)

知り合いのポケ勢の意見をお聞きしたり、以前とある知人が月一で企画していた「と○ん杯」を参考にしたりして、まとめ上げた要項をツイッターに投稿しました。

 

猫はその時、まだ気づいていませんでした。

知り合いのガチポケ勢のほとんどが、別の大会企画に参加していたことに。

 

気づいたときには既に遅く、この事実を知った時には「あっ、これ終わったな」と参加者皆無(かも知れない)の絶望感に打ちのめされました。

しかし、宣伝キャスを通じて少しずつ参加人数が伸びていき、遂に10名の参加者の皆様に集まっていただけることになりました。2桁に乗せられるとは思っていなかったので、この結果は非常に嬉しかったです。

  

それでは、本題に移りましょう。

 

 「緑王杯」とは、全国図鑑「緑」検索のポケモン(下画像参照)5体と自由枠1体によるシングルフラット準拠のトーナメント大会です。

緑統一に滅法強いS17上位7位の憎きポケモン達(ガブガルゲンボルトバシャゲッコアロー)は主催権限で退場させました。さらに、メガストーンは1体しか持たせてはいけないというルールとなっています。

f:id:leafiness:20161009120719j:image

参加者の皆様は、いつもとだいぶ畑の違うポケモンの型や育成に苦戦しているようでしたが、その点では普段から緑統一を使っている主催は †圧倒的有利† (育成済み緑ポケモン3ボックスは伊達ではなかった)

目標は当然、優勝。主催とか知らない。

さもないと、大会賞品としてリーフィア(猫が育成したリーフィア22兄弟の内1匹)を本当の意味で「嫁」に出さなくてはいけないのだから……!!!

 

そんな負けられない戦いにあたり、主催が用意したパーティは以下の通りです。

 

f:id:leafiness:20161009122834p:image

主なコンセプトはリーフィアで舞ってバトンして無双しよう(舞えるとは言っていない)」です。「弱保トリルタクン」「スカーフバンギ」など各種ギミックも混ぜつつ、対面で自由枠に勝てる型の緑ポケモンを入れたパーティとなっております。

参加者の皆様は「自由枠をメタれる自由枠」を考慮していたそうですが、猫は緑統一のポケモン達で相手の自由枠を見て、こちらの自由枠で相手の緑統一を見る予定でした。

 

リーフィア@タンガの実 NN:あずき

いじっぱり/ようりょくそ H252 A6 S252

燕返し/剣舞/バトン/はたき落とす

圧倒的嫁枠。典型的なバトンリーフィアにメガヘラ対策を仕込んだ、記念すべきリーフィア兄弟23匹目。(もちろん23匹全て違う型なので違う技構成をしています)

H252+タンガの実により、ダメ計ミスでなければA252補正有メガヘラのミサイル針確定耐え。(最大90%とか嘘だと思います)剣舞を積んだ後に上から燕返しを食らわせるという、メガヘラに親を殺された系リーフィア。(猫のリーフィアは度々メガヘラに惨殺されているので、あながち間違いではないです)

バトン先は、後述のドータクンバンギラスマニューラなどの物理アタッカーの予定でしたが、対戦相手がリーフィアの出しにくいパーティばかりだったため、3試合中唯一選出しませんでした。うん、ごめんよ。

ちなみに、試運転で潜ったフリーでは剣舞後自身で2タテを達成。やはりリーフィアは強かったです。

 

ドータクン@弱点保険 NN:マチュピチュ

ゆうかん/ふゆう H252 A252 B6

ジャイロ/岩雪崩/思念の頭突き/トリックルーム

今回の地雷枠。緑統一は、たとえ大会パーティだろうと何だろうと地雷を仕込まないと戦えないというのが猫の持論です。

相手がタクンに対して何かしら有効な技を打ってくることを読んでトリルを展開し、弱保発動後逆転したSで上から殴るというロマン溢れる型。対ソラさん戦では見事に刺さって大活躍。ソラさんにタクンのトラウマを植え付けることに成功しました。ちなみに、鉢巻ではないのは技を打ち分けられるようにするためです。

S最遅を目指して孵化作業をしていましたが、以前理想個体ドーミラーをいただいていたことに気づいてそのまま採用。ありがとうございます。

弱保発動ジャイロにより、H252振りメガバンギは確1、H252振りメガバナですら87%の高乱数で落とせる化け物。当然一発耐えなければ意味がないので、耐久ダメ計は相当気を遣いました。

特化C252メガサナシャドボ→確2(60%)
特化A252メガバンギ噛み砕く→確2(82%)
特化C252メガマンダ大文字→確2(66%)
無補正C252ガモス大文字→確1

結果を見て明らかですが、ガモスは別のポケモンに頼るしかありません。

試運転で潜ったフリーでの感覚としては、後述する他のポケモン達とトリルがくっっっっそ噛み合わないので、運用には注意が必要でした。実際、対カヅヒロさん戦ではトリルが原因でバンギがメガクチに一発入れられないという痛恨のプレミをしました。エースというより、終盤のフィニッシャーとしての役割が相応しいかも知れません。

 

バンギラス@スカーフ NN:あっき!!

ようき/すなおこし A252 B6 S252

地震/岩雪崩/噛み砕く/馬鹿力

安定のNN詐欺枠。バンギラスのNNは詐欺まがい(詐欺とは言っていない)の名前を付けるという自分ルールを課しています。

最初はスカフリャを考えていたのですが、リーフィアメガヤンマを入れる時点で氷タイプが重いことは明白だったため、氷にそこそこ強い枠として採用しました。

最速スカーフは読まれにくいと思って採用してみたものの、意外とフリーに潜ってさまざまなポケモンと対面してみると、技を打ち分けられないと厳しいことが何度もありました。そして、スカーフを巻いても霊獣トルネの上を取れないのが痛すぎる上、重いと思っていたメガクチへの地震がH無振りでも確2(78%)、H252振りでは62%しか入らない点は猛省するしかありません。

ただ、バンギ対面で確実に勝てるように馬鹿力を採用し、さらに意表をつくための最速スカーフが3位決定戦では見事に刺さったので個人的には満足しています。

 

フシギバナ@メガ石 NN:うぇりな

ひかえめ/しんりょく→あついしぼう H252 C152 S104

ギガドレ/ヘド爆/めざ炎/光の壁

 今回のメガ進化枠にして緑統一の要。この子がいなければ、誰がクチートギルガルドマニューラなどの緑統一で辛いポケモンを倒せるというのか。

普段からレートで使用しているめざ炎メガバナ。緑王杯パーティの中で唯一新規育成していない重鎮。いつもお世話になっています。
Sは実数値113、準速バンギと同速で最速50抜き調整です。上から殴れるという安心感は異常でした。

今回の大会にあたって、このポケモンだけはいつも通りだったため、ほとんどダメ計をしていません。しかし、直前に一つだけ確認のためにダメ計をしました。

*ヘドロ爆弾 H252振り補正有リーフィア高乱数1発

残念ながら、大会中にリーフィアとバナが対面したことはありませんでした。

 

メガヤンマ@ヨロギの実 NN:じゃっじ

ひかえめ/かそく H156 C252 S92

守る/エアスラ/原始の力/虫のさざめき

猫の緑統一で唯一KP1を獲得した不遇枠。参加者の皆様も仰っていたのですが、緑統一には飛行タイプが突き刺さっています。そこで、緑色のポケモンから数少ない飛行枠として採用しました。地味に理想めざ氷個体。

ターンごとにSが速くなるという、憎きバシャが持っている特性と同じ加速をどう使うか非常に悩みました。結果的には実数値127、1加速でジュカイン・最速メガマンダ抜き調整(実数値190となり、霊獣最速トルネと同速)に至りました。レートで使用する場合、この調整だと最速ゲッコウガ(実数値191)を抜けないため、調整の仕直しが求められます。

彼の主な仕事はメガヘラやメガバナの処理です。メガヘラはHD252振り補正有でも高乱数1(85%)なので確実に処理できます。メガバナの場合、H252振り無補正で確2(60%)ですが返しの攻撃を一発受け切れます。ただし、万が一相手がメガバナに†めざ岩†を仕込んできた場合耐えられないため、ヨロギの実を採用しました。

それにしても、確実に加速するために投入した守るが、3位決定戦でまさかの活躍をするとは思っていませんでした……。

 

マニューラ@襷 NN:てんてき

ようき/プレッシャー A252 B6 S252

けたぐり/氷の礫/はたき落とす/氷柱落とし

自由枠。猫としては緑統一に突き刺さる最強最悪のポケモンだと思っています。

陽気最速にすると最速メガマンダのSを上回るため、上から氷柱を落とせばH252振り無補正メガマンダ確1。同じく氷柱落としでH252振り無補正メガバナ低乱数2のため襷込みで競り合うことができ、メガバンギにはけたぐりでH252振りメガバンギ確1(37%)と有効打があります。何この子優秀すぎる。対ソラさん戦では、最後の1匹として圧倒的Sによる高火力攻撃を浴びせる役割を果たしました。

ただし、どうしても耐久面の難があり、珠持ちの場合一撃で処理できなければ返しの攻撃に耐え切れません。そのため、最低でも2回という攻撃回数を確保するために襷を持たせました。やはり襷があると安心感がありました。

 

このパーティで緑王杯に参加して、結果3位入賞を果たしました!

優勝には届きませんでしたが、これまで参加してきた大会では1勝できるかどうかという雑魚だったため、正直なところかなり嬉しかったです。実況者の○つーさんの保護者勢としては、3位はむしろ名誉ある順位です!!

優勝者はカヅヒロさん、準優勝者はさとるさん、第4位はろーどさんとなりました。

 

なお、優勝者であるカヅヒロさんは、リーフィア22兄弟の中から陽気最速珠物理アタッカー型リーフィア(NN:ごきょう)をいい笑顔でもらってくださいました。ごきょう……お元気で……。

代わりに、今回の大会で大活躍だったメガクチート(しかもメガ石持ち)をいただきました。今度、カヅヒロさんがお使いになっていたトルネロス+ランクルス+クチートの並びを作ってみようと思います。ありがとうございました!

 

緑王杯全試合終了後、個人的に気になったので参加者の皆様からパーティをお聞きして、手書きでKPを算出してみました。

f:id:leafiness:20161009164743j:image

個人的には、リーフィアのKPが3だったことがとても嬉しかったです。対緑統一でもやはりバンギラスが優秀だったということで圧巻のKP8。続いてフシギバナがKP6。

つまり、バナバンギの並びを作っただけでKP14>優勝者のKP11となるというおかしい結果に。一方、トノルンパの並びはKP5。緑統一には刺さりにくいですから仕方ないですね……。

今後、皆様が作ったパーティを参考にして緑統一を作ってみても面白いかもしれません。

 

最後となりましたが、改めましてこの度は「緑王杯」にご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました! こんなマイナーな大会が無事開催できましたのは皆様のおかげです。猫一人の力では、今回の大会は決して実現することはできなかったと思います。

今回の大会開催にあたり、参加賞(とは名ばかりの超優秀個体)として臆病之鳥さんからラブボA抜け5V♀チルットこうそくいどう、くろいきり、パワースワップハイパーボイス遺伝の海外産個体)、大会賞品としてすいしんさんから神通力遺伝めざ炎夢スボミー、クロハさんからプレボ遺伝技各種搭載チコリータをいただきました。本当にありがとうございます。何度お礼を言っても言い足りません。

 

閉会式キャスでもお話ししましたが、サンムーンでの厳選環境やレート環境が安定してきた頃にでも、第2回緑王杯を企画するかも知れません。もし、そんなことがありました時には、今回参加されていた方もできなかった方も、どうぞよろしくお願いします!

f:id:leafiness:20161009170033j:image

 

追伸

緑王杯参加者の臆病之鳥さんが、参加者の方々の好きなポケモンを用いて、緑王杯記念のイラストを描いてくださいました。マイクラでの点描画はかなり根気が要る作業のはずなのに数日で仕上げてくださいました。素敵なイラストありがとうございます!

そして、やはりリーフィアは可愛かった。

f:id:leafiness:20161011232703j:image