リーフィアと歩む緑統一の軌跡

ポケモン全国図鑑「緑」検索のポケモン達と共にポケモンバトルに挑む自称猫の育成記録

猫が自分の探索者について語ったら、こうなった。

2018年8月17日。私事ではありますが、その日は猫がクトゥルフ神話TRPGを始めて1年目となる記念すべき日です。一年前のこの日、私はツキナミさんにお誘われして、れいらんさんと共に「知を孕む母よ」(ごんずい様作)に挑戦したのです。

あれから、一年。

たった一年の間にFF内で「クトゥルフしたいなぁ」と呟くと突然現れてKPを引き受け、嵐のようにセッションをする謎の存在Xとして巷を騒がせている(いない)猫ですが、今回はそんな猫が一年の間に生み出した探索者たちについて語りたいと思います。要は自己満足です。PLがやりたいだけともいう!

 

f:id:leafiness:20180822000305j:imagef:id:leafiness:20180723080054j:image f:id:leafiness:20180727065610j:image

 

草加怜(くさかれい)34歳/医者

https://charasheet.vampire-blood.net/1407615

全ての始まりにして精神力最強の医者。猫の歴代探索者の中で最も多いシナリオ踏破数でもSAN値が黒字。POWが1削れているのにセッションを終える毎にSAN値が上昇している。

「対生す悪夢」では80以上の数値を2度しか出さなかったこともあり、個人的には「草加怜」として回すダイスは(技能値は低いが)体感として成功率が高い。つまりめちゃくちゃ信用している。

また、猫がKPとして回すシナリオのKPCを何度か勤めており、「コッペリアの証明」では拉致監禁もされたが無事生き残っている。悪運が強い。

猫がKPとして回した「In the cage.」の影響で、一緒に同居していた草加深緑(実質ロストした猫のPC)との思い出を一切失っていたが、とある作家による渾身の説得RPと鳩の乱れづき、そしてダイスの御導きより記憶を取り戻す。大切な人を喪った事実を自覚することが彼にとって幸いだったのか、それは今後の彼次第である。

ちなみに、猫がリアルで緊張しているときや電話で目上の人に対応するときは、草加さんのRPを意識して話すように心がけている。落ち着く。もはや猫の一部と言っても過言ではないが、「死ぬときは死ぬから」と割り切り覚悟を決めてセッションに参加している。

 

草加深緑(くさかみどり/シェンリュ)17歳/放浪者

https://charasheet.vampire-blood.net/1658254

元々は「毒入りスープ」のNPCの少女。KPとして回した際に、とある闇医者の手によって一緒に脱出。その後、草加怜に引き取られる形で同居、PC化する。中国人なので「シェンリュ」が本名、戸籍を捏造した際に付けられた名前が「草加深緑」である。その節は闇医者に感謝しかない。

数値は「毒入りスープ」の頃のままなので、ほぼ全ての数値が最低値。しかし可愛い。草加さんの身の回りのお手伝いをしてくれるだけではなく、セッション中に革財布を食べようとした草加さんを制止してくれたいい子。猫の脳内では天使扱い。

PC経験はないものの「In the cage.」のKPCとして実質ロスト、鳩になる。現在はとある作家の下でお世話になり、彼のことを陰ながら支えているらしい。最近は諸事情により食事の品質が上がったとか何とか。

なお、草加さんがイラスト内で首に掛けている(つもりで描いた)ネームタグは、元はと言えば草加さんが深緑ちゃんに初めてプレゼントしたものだという裏設定がある。

深緑ちゃんを復活させたいと思っていることがpixivに筒抜けで、ロスト救済シナリオが検索でヒットするようになっていたが、最近は鳩を預かってくれた作家のことが気に入ってしまい、「これはこれでいいのでは?」と思うようになった猫である。

 

③柊杠葉(ひいらぎゆずりは)23歳/大学院生

https://charasheet.vampire-blood.net/1884649

とある方の言葉を借りるなら「クールビューティ系」の女子大学院生。草加さんを中心に交友関係を広げていこうとキャラクターを作ったら、勢い余って草加さんのストーカーの一歩手前と化した。何故だ。

「オンヤマナ」ではPCが全員女性だったこともあり、女子特有の雰囲気に流されて柊ちゃんが少しずつ気楽に話せていたのがPL的には非常に嬉しかった。それもこれも、可愛らしい渾名を付けてくれた年下の某大学生のおかげである。

セッション中に柊ちゃんが言った「みんなで一緒に花火しよう」という言葉はフラグでも何でもなく、彼女がPCとNPCの少女と交流した末に心の底から出たもの。今回の一件で子供を好きになるのも無理はない。幼女は可愛い。エンディングの花火RPはもちろん全力で楽しんだのである。

そして、同セッションにてクールビューティ系女子に恥じない有能ぶりを発揮。弓はなくとも戦闘内で2連続クリティカルを叩き出す。いつか《弓》技能を使ってみたいが、果たしてそんな機会に恵まれるのだろうか。

一方で、KPCとして参加した「深淵図書館」ではファンブルで危うくロストしそうになった。奇跡的に助かったのは、同じ大学に所属する健気な後輩の奮闘があったからである。なお、イラスト内で彼女が持っている白い本は生還報酬のAF。

それにしても、自分のオリジナルシナリオで自探索者をロストさせそうになったKPがいるらしいな。誰だそんな馬鹿猫は。

 

④星名貞弘(ほしなさだひろ)38歳/刑事

https://charasheet.vampire-blood.net/1780376

猫の初オリジナルシナリオ「紅葉の館」のNPCキャラをPC化。初めて草加さんとの関係を考えずに生み出したキャラクターでもある。ただし、後述する内容から例のシナリオのNPCとは別の存在である。

「腕に刻まれた死」に参加したまではよかったが、ここから次々と彼に不運が降りかかった。

初期SAN40があっさり削られて不定の狂気(恐怖症)に陥り、キックとマーシャルアーツは成功せず、目星ファンブルで足元のケーブルを踏み壊し、神話生物の攻撃で最大値を受けて左足が切断される。

「星名さんが一体何をしたっていうんだ!?」と叫びたくなるようなクトゥルフ神話TRPG大感謝祭を一気に食らい、3ヶ月間療養生活を余儀なくされる。

その後、「とおりゃんせ」で再登場した際には刑事という役職を巧みに利用したり隠したりする敏腕刑事ぶりを発揮。ただし交渉技能が素では成功しないため、爆死覚悟でRP補正を貰わなければならない。恥ずかしかったが楽しかった。そして、どうやっても当たらない義足キックおよびマーシャルアーツ。

また、今度は不定の狂気(健忘症)を発症したため自分の妻と娘のことをすっかり忘れてしまっている。なお、イラスト内で彼が持っているのは今は亡き家族との記念写真である。「彼」が紅葉に囲まれたあの旅館に赴くことはあるのだろうか。

 

草加葵(くさかあおい)29歳/私立探偵

https://charasheet.vampire-blood.net/1845166

満を辞して登場させた草加怜の弟。万が一草加さんがロストした際、兄の行方を探す探偵として作ったキャラクター。何事もそれなりにそつなくできる故に無気力なチャラ男(しかも技能はそれなりに高い)、さらに拳とマーシャルアーツ持ちの優秀探索者……のはずだった。

犬に出会ってSAN20が一気に吹っ飛ばされるまでは。

辛うじて生還するも、人の言葉を繰り返したがるオウム返しと電車恐怖症の二つを永久発狂する。さらにはSAN27(不定まであと6)という数値まで追い込まれる。犬許すまじ。猫がリアルでもクトゥルフ神話TRPGでも犬が嫌いになった瞬間である。あえてもう一度言おう、犬許すまじ。

正直な話、探索者の中でも群を抜いてRPが楽しかった(他のキャラが真面目堅物薄幸天然コミュ障など、到底ふざけられるキャラではなかった)ため、いつか再び探索者として使いたい所存。しかし、そのとき彼は無事かどうかまでは分からないが。

 

⑥琴乃葉奏(ことのはかなで)20歳/大学生

https://charasheet.vampire-blood.net/1898491

かねてより作りたかった「文学少女」設定にコミュ障要素を追加した高POWのキャラクター。猫がダイス目でここまで高い数値(16)を引いたことがなかったため、記念で作った子。現在SAN値は驚異の84。

コミュ障という設定のため他の探索者と協力することが難しく、毎回どうすればいいのか非常に困っている。ただし、いざ見たことがない本や重要そうな資料を見ると目の色を変えて読み込んでは「文学オタク」に恥じない活躍ぶりを見せてくれる。なお、イラスト内で描いた白い本は、柊さんと同じく「深淵図書館」の生還報酬のAFである。

このキャラをPCにする場合、「コミュ障が何とかして他の探索者と連絡先を交換するRP」をしたいと思っているが、残念ながら彼女が自分から「連絡先を交換したいです」と言い出せた試しがない。頑張れ。

しかし、とあるシナリオで他の探索者から(猫がPL視点から他のPLに頼み込んで)連絡先を聞いてもらおうとしたら、ついでに異界の神の連絡先を手に入れるという快挙を達成。これがビギナーズラックか……!

ともかく、セッションを通して携帯電話の連絡先を増やしていくことが当面の彼女の目標である。

 

⑦立花瑞葉(たちばなみずは)26歳/事務員

https://charasheet.vampire-blood.net/1938967

探索者の中でもあらゆる点がリアル猫に特に近いという異質のキャラクター。キャラシ提出期限が短すぎたため、自分に寄せていなければキャラが作れないという事情がなければ生まれなかった子である。

背の低さがコンプレックスだという彼女の口癖は「世の中には言わなくてもいいことがある」であり、その卑屈さは猫の想像を超えるときがある。

本気で不動産事務職員の設定に寄せたせいで探索者としては随分と偏った技能数値の振り方をしており、「イマジナリーセカンド」における探索および対人において全くと言っていいほど役に立たなかった(彼女自身が探索をしない子だというのも要因の一つである)。

しかし、終盤ではファンブルが原因で猫の探索者史上三人目の呪文持ち探索者となり、シナリオクリア後にはクトゥルフ神話技能が猫の探索者史上最大値となった驚異の新人。

キャンペーンシナリオ参加中のため、今後の活躍が大きく期待できる(死なないとは言っていない)。

 

以上、7名の探索者たちと駆け抜けてきた1年間でしたが、今のところクトゥルフ神話TRPGを止めるつもりはないため、今後も彼らにお世話になると思います。

勿論、いつでも描いてくださっていいんですよ??

クトゥルフ神話技能の数値が増えるように祈りつつ、彼らの幸多き未来に思いを馳せて。