読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーフィアと歩む緑統一の軌跡

ポケモン全国図鑑「緑」検索のポケモン達と共にポケモンバトルに挑む自称猫の育成記録

【フレ戦】対ゲンガー特化型ニャルマー【勝利記念】

こんにちは、ざっそうを愛する猫です。

今回は一旦嫁のリーフィアから話を逸らして、ニャルマーというポケモンについて話をさせていただきます。

f:id:leafiness:20161016163656j:image

2016年7月頃、猫はフレンドさんが主催した「最強トレーナー杯」に参加させていただきました。この大会は、アニメorゲームで登場しているモブ以外のトレーナーのパーティを使用するという特殊なルールの大会です。

猫としてはいつも通り緑統一で参加したかったのですが、当たり前のようにアニメorゲームで緑統一を組んでいるトレーナーはいません。

そこで、嫁であるリーフィアを使用しているアニポケトレーナーに絞って検索した結果、挙がった候補が二人。ポケモンコーディネーターのノゾミと、ポケモンレスキュー隊のバージルです。

そして、どちらのパーティにするか悩んだ際、本編でバージルリーフィアをほぼ使用していないという情報が飛び込んできました。

…………………はぁ?(怒)

そんなわけで、バージルとかいう雑魚トレーナーではなく、リーフィアポケモンコンテストで大活躍させてくれたノゾミのパーティを使うことにしました。そして、その際に出会ったのが、今回の記事のメインとなるニャルマーです。

 

ニャルマーとは、通称第4世代と呼ばれるダイヤモンド・パール(プラチナ)で初登場したポケモンです。Lv38まで上げて進化すれば、ブニャットというブ……失礼、ふくよかな体型の猫になります。

通常特性は麻痺にならない「じゅうなん」と混乱にならない「マイペース」、夢特性は命中が下がらない「するどいめ」です。はい、通常特性の方が優秀です。

そして、問題の個体値がこちら。 

f:id:leafiness:20161016165823j:image

これを見て猫が思ったことは「こいつS85もあるの!? リーフィアの次に速い、だと……!?」でした。ちなみに、他の値は一切見ていませんでした。

勿論、ルチャブルメガヤンマエルフーンなど速い緑ポケモンはいますが、それらのポケモンには†氷タイプが弱点†という宿命があり、他のポケモンと弱点が被ってしまう都合上、使っていないことが多かったのが原因です。(ちなみに2016年7月当時、レート用緑統一パの中で最も速いポケモンのSが100という体たらく)

ここまでSが速いポケモンなら、起点作りか何かに特化させれば活躍させられるのでは……と思って作ったのが、今回猫がご紹介する、対ゲンガー特化型ニャルマーです。

(「ニャルマーというポケモンで無理矢理ゲンガーと相対するなら」という過程で至った型になります。全てのゲンガーに必ず勝てると保証できる型ではありませんので、あらかじめご了承ください)

 

ニャルマー(♀)@襷 NN:ニャルマー

ようき/マイペース A252 S252

猫騙し/催眠術/不意打ち/イカサマ
(他技候補:じゃれつく/甘える/怒りの前歯/はたき落とす/雨乞い/挑発/威張る)

まずは、ニャルマーマボロシ島限定出現だと知らなかった猫に、陽気C抜け5Vという超優秀個体を譲ってくれたフレンドさんに感謝を。

猫騙しによって襷潰しができたり、最速S85の種族値(=最速80族〔バシャマンムーカイリュー〕抜き/準速サザン・最速スイクンと同速)を活かして催眠術による起点作りもできますが、本業はゲンガーを葬り去ることに特化したニャルマーです。

ダメ計によると、ニャルマーのA252イカサマがH252(A個体値31)ゲンガー確定2発。同じく不意打ちも高乱数2発となります。このことを考慮してゲンガーとニャルマーが対面勝負する場合、以下のような展開が考えられます。

 

①ゲンガーが先制攻撃する場合

ニャルマーが襷で耐える→ニャルマーの催眠術が通ってゲンガーが眠る(ラムの実は考慮外)→最速起きしなければイカサマが通る→次のターンでイカサマor不意打ちの択ができる(交換は考慮外)

ニャルマーの不意打ちが通る→ニャルマーが襷で耐える→次のターンでイカサマor不意打ちの択ができる(交換は考慮外)

 

②ゲンガーが先制補助技を打つ場合

⑴催眠術→外れれば爆アドだが、当たった場合最速起きしなければ勝てない。

⑵鬼火・トリック・呪い→襷が潰れるため、そのターンに催眠術が放てなければ次の攻撃を耐えられない(呪いの場合はイカサマを打てれば勝ち)、最悪の場合は不意打ちに賭ける。

⑶身代わり→身代わりを貼ったターンにイカサマを打てなければ勝てない。

⑷守るからの金縛り→最初に打つ技によるがイカサマor不意打ちが縛られると厄介。

⑸滅び・道連れ→ニャルマーと刺し違えてくれれば勝ち。

⑹挑発→催眠術が使えない場合はゴリ押すしかない。

⑺怪しい光→ニャルマーの自覚に賭ける(と書きましたが、ひょっとしてマイペースだから混乱しないのでは……?)

 

一通りの展開予想を見ていただいたところでお分かりかと思いますが、「対ゲンガー特化型」と言っておきながら必ず勝てるわけではなく、むしろ「勝てる可能性が微かにある」レベルです。ここまで見ていただいておいて拍子抜けされた方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ありません。

しかし、ここで一つだけ言わせていただきます。

ニャルマーという超が付くレベルのマイナーなポケモンに対して、ゲンガーを使うトレーナーが動揺せずに指示を出せるでしょうか。

そして、ニャルマーなどというふざけたポケモンが出てきたら、たとえ持ち物が襷だと推測できたとしても一発ぶん殴りたくはなりませんか。

ニャルマーを使う側としては、殴ってくればむしろイカサマと不意打ちの択に持っていけるので有利になり、勝てる可能性が広がります。

マイナーなポケモンで強ポケを倒すというロマンを求める方がいらっしゃれば、ぜひニャルマーを使ってみてはいかがでしょうか?

 

おまけ

f:id:leafiness:20161016182702j:imageフレ戦でたまたま連れて行ったニャルマーがゲンガーを倒した貴重なBVです。タクンで削ったとはいえ、その後メガガルまで倒してくれたため、ニャルマーが相手のポケモンを2匹倒すという偉業を達成しました。

ニャルマーの技が不意打ちではなく、何故か†威張る†だったため、不意打ちを押すべき際に別の技を選択しております)