読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーフィアと歩む緑統一の軌跡

ポケモン全国図鑑「緑」検索のポケモン達と共にポケモンバトルに挑む自称猫の育成記録

アルファサファイアのROMを紛失して発掘するまでの経緯。

こんばんは、ざっそうを愛する猫です。

 

突然ですが、アルファサファイアのROMを失くしました。 

中には、6世代で猫と共に戦い続けてきた緑色ポケモン3BOX、ガチメンバー1BOX、そして何より大切な嫁ことリーフィア21兄弟のデータが入っていました。

にも関わらず、恐らく先週、自宅で3DSを軽く弄った拍子にカードリッジを外したまま、どこかに紛失してしまいました。

気付いてすぐに、自室はもちろん、自宅の中を4時間捜索しましたが見つかりません。

完全に自分の不手際です。

レートで勝つ負ける以前の問題です。自分の相棒達を蔑ろにするなんて、1人のポケモントレーナーとして失格です。

 

育成用ROMことXは無事です。孵化あまりもメタモンもいるため育成し直すのは簡単です。
しかし、私は6世代で戦ってきたメンバーで、もう一度レートに潜りたいのです。そのために、サンムーンのシーズン1から2にかけてのPGLデータをまとめた冊子まで用意したのです。

ですが、それが叶わないと思った瞬間、私のポケモンをする意欲は一気に失われました。しばらく立ち直れそうにありません。



追記(2017年2月11日)

アルファサファイアのROMを計7時間探し続けた結果、どうやらさまざまな要素が重なり、ゴミと共に処分してしまった可能性が最も高いという結論に至りました。

それに気付いたとき、猫は大声を上げて自室で15分程号泣しました。自分のポケモン人生の集大成とも言えるポケセン達を自らの手で滅してしまったことは、悔やんでも悔やんでも悔やみ切れるものではありませんでした。

しかし、しばらくしてから緑王杯で優勝商品として差し上げたリーフィア「ごきょう」のことを思い出しました。彼だけは別の場所で生き残っている。そのことに気付いたとき、彼のために兄妹を作ってあげなければと思いました。

 

その後、ツイッターでもあるように、知り合いのポケ勢の皆様にお願いしながら再度個体を集め、2月11日の今日、ようやく新しい個体を完成させることができました。

努力値振りのメモが残っていたものから順に、今後も育成を進めようと思っています。

 

一度失って分かりましたが、やはり私はポケモンが好きなようです。これからも、この気持ちだけは忘れずに続けたいと思っています。

 

皆様も、くれぐれもROMの所在確認は常に怠らないようにしてください。

それでは、失礼します。

 

 


さらに追記(2017年3月31日)

f:id:leafiness:20170331130733j:image

発 見 し ま し た 。

自分自身でも信じられません。月末に持って帰ってきた職場の荷物が多かったので、大々的に部屋の中を掃除しつつ整理していた際に発掘しました。

具体的には、ベッドの側に置いていた雑貨用のボックス、その荷物とボックスの側面の隙間に挟まっていました。

なぜこんなところに挟まっているのか、それについては思い当たる節もありません。もし思い当たっていれば、そもそもここまで騒ぐこともなかったでしょうし……。

f:id:leafiness:20170331131303j:imagef:id:leafiness:20170331131306j:imagef:id:leafiness:20170331131308j:imagef:id:leafiness:20170331131310j:image この通り、ROMに入っていたポケモン達はみんな無事でした。リーフィア兄妹もみんないます。多少スペースが空いているのは、以前緑王杯用にパーティを考えた際に動かしたためでして、ここに姿が見えない子達もみんな無事でした。また、ポケ勢の皆様からいただいた貴重な個体も無事でした。

 

改めて、ポケ勢の皆様にはご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした。そして、大変お騒がせしました。

 

ROMを失くす、ということは決してポケ勢として許されることではありません。ただ、それでも許されるのなら、もう一度改めてこの子達とポケモンバトルをしたいと思います。